書籍

BOOK

  • TOP
  • 書籍
  • 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」
イベントを読み込み中

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」

2020.6.15

出版社:光文社  著者:山口周

発行:2017年07月

VUCA(不安定、不確実、複雑、曖昧)の時代と呼ばれて久しいが、コロナ禍で新しい生活様式にシフトせざるを得ない昨今、何に解を求める事が正しいのか。今までの企業は「論理」と「理性」-本書でいう「サイエンス」に軸足を置いて経営していたが、それは必ず他社と同じ結論に至り、スピードとコストを武器に闘っていた。しかしこの二つの強みが失われつつある今、「論理的にシロクロのはっきりつかない問題について答えを出さなければならないとき、最終的に頼れるのは個人の『美意識』しかない」という視点で経営を考えた際、「アート」や「哲学」の要素を取り入れる事が重要となる。明文化されたルールや法律だけを拠り所にするのではなく、内在的に「真・善・美」を判断するための「美意識」が求められる。「美意識」を前面に出して成功したマツダなどの具体例をはじめ、第七章では「美意識」の鍛え方も述べられており、経営における「アート」志向の必要性から具体例、取り組み方まで効率よく学べる1冊である。

表紙は光文社サイトから引用
BIZCOLI 近藤孝子

見学・お問い合わせ 蔵書検索